自己対話

他人と比較して落ち込んだ時に気づいたこと

  1. HOME >
  2. 自己対話 >

他人と比較して落ち込んだ時に気づいたこと

今日もお越し下さりありがとうございます。
しいはしさくらです。


私は去年の12月から4月までコーチングスクールに
通ったのですが、その時に私が一番思い知らされたのは
自分の考えや、自分にまつわることを話すときに、
要点を整理できず、伝えたいことをうまく表現することが
できないということでした。


分からないことが頭に浮かんで、質問をしても
話の途中で何が言いたかったのかが分からなくなる。
質問されたことの意図を汲み取れず、
的はずれなことを答える。。。


それを振り返っては帰りの電車や次の日に落ち込む…。
実はそれは今でも時々あります。

比較して落ち込む

だいたいどんな時に落ち込むかを振り返ると、

コーチングスクールでご一緒した人たちの
 話し方がまとまっていて、分かりやすい、

なのに私は上手く話せない、

この2点を自分で感じた時に激しく落ち込みます。


数日前にもそんな場面があって落ち込みました。
「あの人に比べて自分はできないやつだ」、
「恥ずかしい」と。

でもこれって、私が今大切にしている
「自分で自分を幸せにする」というモットーに反している。
賢い人=上賢くない人=下、って設定してて、
私の幸せが他人によって左右されている状態です。

違いは違い


じゃあどうなったらいいのか?

あの人のスキルがすごい。
あのスキルを身につけたい。
だからそのスキルを勉強すればいい。
以上。

でいい。

自分が感じていることは

あの人との違いであって、
上下の差ではないから
比較して落ち込む必要はない
ってことに気づきました。


私のこのコンプレックスはどうやら
論理的思考が足りないのが原因みたいです。
なのでしばらく論理的思考について
勉強してみようかなと思ってます。


今日も読んでくださってありがとうございました。
なにかのヒントになればうれしいです(*^^*)



© 2020 子育てとコーチングとママの心の土台づくり/Sunny Signs(サニーサインズ) , All Rights Reserved.